新着情報

あしたは七夕

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈っていました。
選ばれた乙女は棚機女(たなばたつめ)と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために着物を織ります。
そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)」という織り機です。
その後、仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。
現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われています。
七夕は「しちせき」とも読み、古くから行われている日本の行事で、五節句のひとつです。
願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるす習慣が今も残っています。
みなさんも小さなころを思い出して、短冊をつるしておりひめとひこぼしにお願いごとをしてみてはいかがでしょうか?