新着情報

もうすぐハロウィン

 ハロウィンはキリスト教の祝日の万聖節の前夜のお祭りで10月31日に行われる古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことです。
その昔、ケルト人の1年の終わりは10月30日でした。
この日は秋の収穫を祝う収穫祭が行われていましたがこの1年の終わりの日の夜には、死者の霊がこの世に戻ってきて、クロネコを連れた魔女や悪霊が悪さをするとも信じられ、秋の収穫を祝うとともに悪い霊を追い払う宗教的な意味合いのお祭りが行われていたのです。やがて、時代とともにケルト人が行っていたこのお祭りとキリスト教が融合し現在のハロウインの行事として残っていったのです。

 なぜハロウインで仮装する理由は死者の霊がこの世に戻ってくる中に悪霊や魔物も一緒にこの世にやってきて、あの世につれて行こうとするのでお化けの格好をして悪霊や魔物の仲間だと思わせます。
ハロウインの文化が浅い日本では由来も知らずに仮装などを行う人がいますが由来や意味を知ることでまた違った意味でのハロウインへの関心が高まります。
皆様も由来や意味をこの機会に調べてみてはいかがでしょうか。