新着情報

12月1日より道路交通法改正

12月1日より道路交通法が改正されスマートホンなどを操作しながら運転をする行為に対して厳罰化され今までの違反点数より約三倍となります。簡単にですがご説明いたします。

 まず、運転中に携帯電話などで通話や画面を注視する違反点数は1点から3点に引き上げ。携帯電話での通話や注視によって交通事故を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」の違反点数は2点から6点に引き上げられる。
 「保持」の反則金は約3倍となり、普通車は6,000円から18,000円。大型車は7,000円から25,000円に引き上げられる。さらに違反を繰り返すと、6か月以下の懲役または10万円以下の罰金が適用される可能性があります。
 「交通の危険」では、交通反則通告制度の適用から除外され、直ちに刑事手続きの対象となる。罰則はこれまでの3か月以下の懲役または5万円以下の罰金から1年以下の懲役または30万円以下の罰金に引き上げられます。

このように改正により罰則が厳しくなっていますが皆様の安全の為の法律ですのでこの法律を機に事故が減少することを願っております。
皆様も年の瀬に向けて忙しくなりますが安全運転で明るく新年を迎えましょう!